パソコンには個人で使うように作られたものと、会社で使うように作られた法人向けパソコンがあります。どういった違いがあるかみなさんご存知ですか?今回は法人向けパソコンについて詳しく解説していきますので、選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

スペックの違い

スペックが違う?

法人向けパソコンを選ぶ場合、スペックの違いはかなり重要になってきます。パソコンは複数のパーツが寄り集まってできている製品ですが、その中で特に動作の速さを決めるものがいくつかあります。具体的にはCP…

用途に合わせて作られている!

設計事務所や製品開発などではCADと呼ばれる仕組みが使われます。かつては平面図による設計業務を行うためのものでしたが、最近は立体の3Dの処理ができるものが一般的になっています。ソフトは高性能ですが…

BTOはメーカー、顧客双方のメリットのある販売方式

BTOはメーカー側、顧客側双方にとってメリットのある販売方式です。メーカー側は無駄なく、そして、顧客側は好きな機能を好きなだけ選択する事が出来ます。

選び方

BTOパソコンとメーカー製のパソコンどっちが良い?

節電できるかも大切!

スペックはどの程度必要?

余計な機能がついていない

ゲームやテレビ視聴の機能は不要

家庭でのパソコンの利用方法は様々です。メールの送受信やウェブの閲覧に利用する人が多いようですが、それ以外にゲームをするのに使ったり、テレビの視聴をする人もいます。テレビを視聴するには一定の機能が必要なため、単にソフトをインストールしても視聴できないときがあります。家庭用のパソコンにはすでに機能が付いているので、アンテナさえつければ視聴できるものもあります。法人向けパソコンでは、基本的にはゲームやテレビ視聴の機能などは付いていません。理由はそれらを利用する機会がないからです。特にテレビ視聴のための機能はつける分高くなるので、最初から省いてもらって安くしてもらった方が導入しやすくなります。アミューズメント性は省かれています。

ハードディスクではなくSSD搭載のもの

パソコンに必須の機能としてはデータ保存機能でしょう。ハードディスクが保存機能の役割を果たすケースが多く、最近はテラバイト以上のハードディスクを搭載したものも多くなっています。技術が向上しているので、大容量になってもそれほど価格が変わらないときもあります。でも法人向けパソコンではハードディスクが余計な機能となるときがあります。シンクライアントと呼ばれるパソコンはハードディスクでの保存をメインとせずサーバでの保存がメインになります。小さいデータ保存領域はあるものの、データをたくさん保存する仕組みはありません。その他データの読み書きが早いSSD搭載タイプがあります。読み書きが早い分起動なども早く業務が効率化できます。

© Copyright Nice PC At Home. All Rights Reserved.