用途に合わせて作られている!

CADやゲーム開発のために使われるパソコン

設計事務所や製品開発などではCADと呼ばれる仕組みが使われます。かつては平面図による設計業務を行うためのものでしたが、最近は立体の3Dの処理ができるものが一般的になっています。ソフトは高性能ですが、それを効率的に動かせるパソコンはそれなりのスペックが必要になります。法人向けパソコンでもCADを目的にしたものだとCPUはその時の最速レベルが搭載されますし、メモリも最大限載せられるものが使われます。CADを使う職場と同様に高速処理が問われるのがゲーム開発会社です。よりリアリティが求められていて、映像のような画像処理が必要になります。こちらでも高スペックの法人向けパソコンが必要になり、CPUとメモリはトップレベルの装備がされています。

事務処理向けとして非常にコンパクトなタイプ

パソコンが使われていない事務所はないと言ってもいいぐらい多くの事務所でパソコンが使われています。その中でもよく使われるのが事務処理用のパソコンでしょう。一般的なパソコンが多く、家庭用の市販品を使っているところもあるかもしれません。事務処理だけに使うなら、それほど機能は必要でなく、利用する会社としては安くコンパクトなタイプを求めます。法人向けパソコンとしては、必要最低限のスペックを省スペースにまとめたものが人気です。同じ性能なら家庭用に比べるとかなり安くなっていて、さらにコンパクトなので置き場所に困りません。デスクの上にディスプレイしか載せていないのかと感じるぐらいコンパクトです。デスクを有効活用できます。

© Copyright Nice PC At Home. All Rights Reserved.